BLOG

就活に役立つブログ

2019.10.30

今導入されつつある「動画選考」って?その突破するコツ!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

今や就職活動でスマートフォンを活用するのは当たり前ですが、徐々に企業側がスマホを使った選考を行っているのを知っていますか?

今回はそのスマホを使った選考の中から「動画選考」についてご紹介&突破しやすくなる対策方法をご紹介していきますよ!

「動画選考」って?

みなさんスマホを持っていると思いますが、そのスマホで動画を撮影したりしますよね?

そんな感じで自己PRを動画で撮って企業に送り、それをもとに選考する方法です!

「自己PRを動画で撮影して送信するだけ」です。

「動画選考」を導入する理由!

地方の学生と企業の機会を増やすため!

遠かったり、時間がなかったりで地方の学生と企業が合えないのはもったいないです!

東京に数回出てくるだけでも地方の学生は大変ですし、企業も予算がかかってしまいます‥。

就活生の人間性やヤル気を見るため!

エントリーシートだと、文面だけで就活生を判断しなくてはいけません‥。

でも、動画選考なら就活生の性格やヤル気など、文字だけでは伝わらないその人を知ることができます。

就活生にとっても動画だと、エントリーシートでは伝えきれなかった個性や強みをアピールできます!

就活生にとっても企業にとっても、とても良い方法かもしれません。

動画を撮るときの格好は?

動画選考のときの服装は?

一般的に動画を撮るときの服装はスーツです。

動画選考はエントリーシートの代わりなので、エントリーシートや履歴書、面接のときと同じ格と思っていいです!

男性の服装
・スーツは黒・紺・グレーのどれかがベター。
・シャツは白が無難です。ワイシャツの下のインナーは色が付いた物はダメ!白がマナーです。
・ベルトと靴は同じ色で合わせる。
・ネクタイはブルーやエンジなどの一般的な色にしましょう。

 

女性の服装
・スーツは黒・グレーにしましょう。
・スーツの下に着るブラウスは白が一般的です。
・メイクはラメ感の強いアイシャドウとグロスは控えましょう。
・どうしてもカラコンをつけたい人は自然な色の黒か茶色のフチなしで。

アパレル系などの業界はその限りではありません。

企業の雰囲気にあった服装を選びましょう!

動画選考のときの髪型は?

男性のヘアスタイル
・茶髪や金髪は×で黒髪で。
・強めのパーマやワックスをつけすぎるのも控えましょう。
・長髪や寝癖はNG。
・前髪が眉毛に、揉み上げが耳にかかる、襟足が名がすぎるのもダメ。清潔感を感じる短髪がオススメです。

 

女性のヘアスタイル
・パーマはボサボサなイメージを持たれない程度に。
・ポニーテールやハーフアップなど耳が出る髪型がGOOD。
・眉毛やおでこが出る前髪だと明るい印象になります。

 

動画選考を突破する為のコツ

1.証明写真をイメージした証明とカメラ位置!

胸から上・正面・目の高さの位置に固定しましょう。

スマートフォンやタブレットもブレなどを抑えるために固定すれば安心して撮影できます。

自然光や照明を使って斜め上から当てると自然な仕上がりになりますよ。

逆光には注意しましょう!

2.音や背景に気を使おう!

部屋が散らかっていたり、窓の前で逆光になってる環境での撮影はNG!

無地の壁を背景にするのが理想的。

業界や職種や企業によっては特殊な動画もあるかもしれませんが、見る人が集中できる動画作りを意識しましょう!

屋外で撮るケースがあっても、周りの話し声や騒音などのない静かで落ち着ける場所と時間を選びましょう。

3.カメラの向こうにいる人に話す!

カメラの向こうに採用担当者がいると思って、カメラを見ながらハキハキと話しましょう!

動画の短い時間では、表情や目線や声の調子などがイメージを大きく変えます。

声や表情は動画だと伝わりづらいので、普段よりも元気を出して!

4.結論から話す!

エントリーシートに比べて簡潔だといっても、採用担当者はかなりの量の動画を見なくてはいけません‥。

見る人の気持ちになって考えてみましょう!

だから、採用担当者があなたの動画を最後まで見てくれるとは限りません。

ですから、最初の10~20秒ぐらいで見ている人の心を掴むために結論から話しましょう!

5.準備と練習はたっぷりと!

事前に動画の長さや内容に決まりがあるか確認しておきましょう。

書いてある字を読んだような話し方にならないように、繰り返し練習撮影・動画確認をしましょう!

早口になってないか、目線は自然か、言葉選びは間違えてないか練習しておけば自信が伝わる動画になるはずです!

まとめ

今導入されつつある「動画選考」って?その突破するコツ!いかがだったでしょうか?

今や、伊藤忠・JAL・東急不動産・丸紅などの大手企業も動画選考を取り入れています。

エントリーシート以上に動画は自分自身を伝えられるからこそ、表情や見た目に話し方などのちょっとした部分も意識しましょう!

そうすればあなたの良い所も伝わって、きっと動画選考も突破できるはずですよ!