BLOG

就活に役立つブログ

タスク管理はデキる社会人の第一歩!ビジネス用語「タスク」を徹底解説!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

「できる社会人はタスク管理ができる!」

「毎日のタスクに追われる‥」

などのようにいわれる「タスク」

今回はビジネスシーンで頻繁に使われる「タスク」について徹底的に解説していきますよ!

タスクとは?

スケジュール管理などでよく使われる言葉ですが、ビジネスシーン以外ではあまり使わない言葉なので、どういう意味なのかよく分からないという人も多いかもしれません‥。

タスクとは「コンピューターで行う作業のひとつ」「果たすべき作業」という意味があります。

ビジネスシーンでは「果たすべき作業」という意味で使われます。
つまり、タスクは自分が行うべき作業や仕事のことを意味し、タスク管理とは業務の管理のことを表します!

電話をかける、書類を作るといったものがタスクです。
「コンピューターで行う作業のひとつ」の方も、人間とコンピューターというタスクを行う者が違うだけで、意味としては同じと言えます!

Todoとの違い!

「タスク」に似た言葉に「Todo」という言葉があります。
「Todo」は「いつかすること」という意味です!

2つの違いは「明確な期限があるかどうか」です!

「タスク」は決まった期限までに完了しなければならない作業で、「Todo」は先延ばししても困らない作業のことです!

プロジェクトとの違い!

もう1つ「タスク」に似た言葉に「プロジェクト」という言葉があります。

プロジェクトとは、タスクのような1つ1つの作業ではなく、大きな目的を持った計画です!

これはタスクよりも大がかりな内容で、プロジェクトを進めるためには、たくさんのタスクを行う必要があるというイメージで覚えておきましょう!

また、「タスク」はほとんどは1人で行うものですが、「プロジェクト」は一般的に大勢の人数で取り組みます

1人1人の「プロジェクト」に参加しているメンバーが、与えられた「タスク」をそれぞれ果たすことで、「プロジェクト」の目的が完遂されるのです!

タスクの使い方!

同時に作業を進行することをマルチタスク、1つだけ進行することをシングルタスクといいます。
業務や作業管理のことをタスク管理といって、そのスケジュールアプリのタスク管理アプリもあります!

タスク作業をメインで行う仕事は「タスクワーク」、日々のルーチンで行うタスクは「ルーチンタスク」

そして、発生した問題を解決するために、いろいろな組織から人を集めて結成されたチームを「タスクチーム」と呼んだり、他にも「タスクフォース」「タスクマネジメント」といった言葉もあります!

デキるタスク管理術!

「タスク」のことはだいたいわかったでしょうか?ここではデキるビジネスマンとして必要な上手なタスク管理術を紹介します。

まずは何をタスクにするか決める!

まずはじめに業務の現状を把握して、しなくてはいけない仕事のうちどれをタスクにするか決めます。

むやみやたらにやっていては、毎日あるたくさんの仕事が時間も限られていて効率が悪いです‥。

これがタスク管理で一番大事です!

タスクに優先順位をつける!

次に今日、今週、今月にやるべきタスクを把握するために、タスクに優先順位をつけましょう!

さらに今月分のタスクを「短期」来月以降のタスクを「中長期」に分けてると、効率化に繋がったり、休日の予定も組みやすくなります!

タスクは前日までに!

いつも仕事の予定を確認して、今すぐやるタスク、明日やるタスクを前もって考えておくのが重要です。
今日のタスクを出勤してから考えていたら、仕事を始める時間が遅れてしまいます‥。

明日のタスクを前もって確認しておけば、朝から円滑に仕事をすることができますね!

まとめ

タスク管理はデキる社会人の第一歩!ビジネス用語「タスク」を徹底解説!いかがだったでしょうか?

タスクを使ったタスク管理などはビジネスを円滑に進めるうえで重要です!
タスク管理は私生活でも使えるので、練習代わりにプライベートや学校生活にタスク管理のアプリなどを使ってみてもいいと思いますよ!