BLOG

就活に役立つブログ

面接で「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地の希望はありますか?」と聞かれたときの答え方!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

就活の面接で

「転勤は大丈夫ですか?」

「勤務地の希望はありますか?」

と聞かれる場合があります。

「正直に答えていいのか」「転勤はしたくないと答えていいのか」など、多くの就活生にとって、気になる質問だと思います。

今回はそんな質問の意図と、どう答えるべきかを紹介していきますよ!

面接で転勤について質問する意味!

一般的に総合職は転勤があって、一般職は転勤がない(会社によっては同じ都道府県内か特定の通勤時間の範囲内での転勤はあり)とされています。

大きな会社では、会社を地域で分けてエリア採用をしている会社もあります。

総合職の転勤は国内だけじゃなくて、海外で働くこともあります!

面接官が「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地に対する希望はありますか?」の質問をする意図

転勤や勤務地の可能性が高い職場の場合、転勤や勤務地を理由に内定を辞退せず、入社してくれる就活生の志望意志の高さを確認したいと思ってます!

それと、会社に入った後に転勤や勤務地を理由に、会社を辞めることがないことを保証しておきたいからです。

そして、転勤や勤務地のフィルターを通して就活生が仕事への考え方をチェックしています!

答えるときのポイント!

自己分析と志望動機を振り返ってみよう!

総合職に行きたいと思っているなら、「就職する意味」「自分にとって仕事とは何か」をもう一度振り返ってみましょう。

その本質と、勤務地は関係あるか?その勤務地じゃないと仕事ができないか?就職する意味はないのか?もう一度考えれば答えが出ると思います!

研究職、専門職に行きたいなら、自分の希望を仕事の将来像と一緒に答えましょう。

もう一度企業研究して、志望する職種と勤務地の関係を整理して、的確に答えれるようにしましょう!

「転勤」、「勤務地」については前向きに!

もし家庭の事情や個人的な理由で「転勤」や「勤務地」を就職活動の軸にしているなら、それを素直に伝えましょう。

譲れないことなので仕方ありませんが、その会社の選考に受かる確率はほぼなくなると思ってください‥。

転勤がない企業、勤務地が決まっている企業に切り替えましょう!

「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地に対する希望はありますか?」という質問は、「志望動機に勤務地や転勤のことについて書いてないから大丈夫ですよね?」という確認です。

総合職志望なら、会社がある場所ならどこにでも配属、移動、転勤することになっても構わないという前提で面接をしています!

なので、この質問で拒否したらその企業の選考に残れないことを覚悟してください‥。

総合職に進む意志があるのなら「転勤は問題ありません」「勤務地にこだわりはありません」と前向きに即答しましょう!

一般職の場合は勤務地などに希望があるなら正直に伝えましょう!

特に希望がないなら「できれば○○が希望です。それ以外でも対応します」と答えましょう。

会社とマッチしていることをアピールしよう!

内定を出した後や入社後のミスマッチを防ぐために、掘り下げの質問をしてくる場合があります。

ここで、「なぜ勤務地にこだわらないか」の前向きな理由を伝えられれば、発言に説得力を持たせることができます!

いろいろな地域のことを知ったり、その地域の方と接することは仕事の幅を広げられるきっかけになるなど、前向きに捉えて伝えましょう。

質問への回答例!

では面接で「転勤できますか?」と聞かれたときにはどう答えるのが正解なのか例文を見ていきましょう!

転勤ができるか質問されたときの回答例
全く問題ございません。採用後は転勤も経験して御社全体を知り、スキルと経験を積んで、仕事の幅を広げていく必要があると思います。将来、御社で活躍していくには転勤は必要なステップだと考えています。

 

この回答例では、将来活躍するために転勤が必要だと、意欲的な姿勢を伝えることができます!
面接でこのような答え方ができれば面接官から良い印象を持ってもらえます。

 

希望の勤務地を教えてくださいの回答例
全国のどこへ行っても活躍できる社員になりたいので、勤務地は問いません。新しい工夫やアイデアを出すためにも、あらゆる地域でいろいろな経験を積みたいと思っています。

 

希望の勤務地を聞かれたときに「地元がいいです」などと答えてはいけません。
これは選考を受けている人の意志を確認する質問なので、本当のことを話すと覚悟がないと思われてしまいます‥。

 

転勤に対して条件付き回答例
現状すぐは、家庭の都合で転勤が難しいのですが、来年以降であれば転勤は可能になります。

 

採用された後に言うよりは、採用前に伝えておけば、後のトラブルを防ぐことができます。

今すぐの転勤が難しいとき、将来は転勤先から戻りたいときは条件付きで転勤が可能であることを伝えましょう!

まとめ

面接で「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地の希望はありますか?」と聞かれたときの答え方!いかがだったでしょうか?

何度も言いますが「転勤は大丈夫ですか?」「勤務地の希望はありますか?」という面接の質問は学生側の志望度の高さを見ています。

面接官に「どこに配属しても大丈夫そうだな」と思ってもらえるように万全の対策をしておきましょう!