BLOG

就活に役立つブログ

不合格スパイラル‥でもまだ間に合う就活リカバリー術!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

皆さんは、

「順調だったハズの就活が、一回の不合格から続くように‥」

なんてことには、なっていませんか?
それは不運ではなく、きちんと理由があります!
今回はそんな不合格のスパイラルの原因と対処法を学んでいきましょう!

面接のために、もう一度説明会を大事に!

「忙しくて時間がない‥」「新たな業種を受けるしか‥」
そんな悩みを持った不合格続きで体勢を立て直す時期にこそ、志望業界を固めて、志望動機を集められる説明会を大事にしましょう!

「なぜ御社を志望するのか?」「志望職種の難しさの理解」「入社して何に取り組みたいか?」の3点は、説明会中にある程度の答えを見つけてしまいましょう!

厳しくなるからこそ、就活の質を下げないように!

企業は内定者をある程度確保できてからは、残りの内定枠の合格基準を徐々に上げていきます!
だから、「順調だったハズの面接が急に受からなくなってきた‥」という、状況に陥るのは当然なんです‥。

また、この時期に内定を貰えてない就活生は、焦りと面接が通らないショックで、気付かないうちに就活の質が下がってしまうこともあります。
それが「受からない」ことを加速させてしまう原因に‥。

焦りと不安の時だからこそ、基本をしっかり確認して取り組みましょう!

内定を貰った友達を大切に!

内定を貰った友達を避けたりして、就活生の仲間から孤立してはいけません。
基本的な資質と能力において、あなたと友達に大きな差なんてありません!

「内定を貰える就活の感覚を分けてもらう」という意味で、内定を貰った友達とのコミュニケーションはとても大切です!

リカバリー就活では、エントリーからすでに選考が始まっている!?

ある程度、採用予定人数に達した企業は、残りわずかの選考では、より採用基準を高くします!
ですので、説明会のエントリーの時点で1次選考と位置付ける企業がほとんど‥。

就活を始めたころのエントリーとは違って、すべての質問に全力で記入しなくてはいけません!
また、文字数指定を守りながらも、指定の文字数ギリギリまで記入して、会社に対する知識の豊富さと意欲をアピールしましょう!

就活反省自己紹介を作ろう!

「就活が不調なのは、自分に責任があること。」「一番の問題、及び足りてないもの。」「問題解決のために力を入れること。」と反省しましょう。
これは自分を責めるためにするのではありません!
客観的に自分を見つめて、「就活反省自己紹介」を作りましょう。
そして、この自己紹介でエントリーしてみましょう!

企業は、「仕事がうまくいかないときに、反省し、原因を見つけ、対処できる人」を求めています!
なので、この自己紹介はこの時期にふさわしい自己紹介だといえます!

説明会エントリー時の質問内容例

 
■学生時代一番うれしかったことを教えてください。(500文字以内)■

※内定を貰った友達に、このテーマならばどんなことを書くか、内容と理由を質問してみよう。

 
 
■弊社のどのような部分に興味を持ちましたか?(200文字以内)■

※誰も触れないと思うような細かなポイントまで探したうえで書いてみよう。

 
 
■【理系学生限定】大学での研究内容を教えてください。(500文字以内)■

※文字数が多いのはそれだけ重要視しているから。専門用語に頼らず、一般的なわかりやすい説明を意識して書いてみよう。

 

まとめ

不合格スパイラル‥でもまだ間に合う就活リカバリー術!いかがだったでしょうか?
就活が甘くないことを身をもって知った今こそが、本当の意味での就活です。
不合格スパイラルに入ってしまった今が踏ん張りどころ!

説明会は、仕事や会社を理解する上での最高の機会です。
ここで理解を深め、自分なりに納得を深めた結果として面接があるんです!

説明会中に志望動機を作ってしまうぐらいの勢いで参加しましょう!
疑問な点があれば、その説明会が終わった後にその場で質問しましょう。

人は人、自分は自分。
心の状態は、表情や全体の雰囲気にも出るからとても大事。
疲れや不安を乗り越えて、フレッシュな笑顔を貫ける人には、心の強を感じてもらえて期待してもらえるハズです!