BLOG

就活に役立つブログ

2019.02.22

面接に失敗続きのそこのあなた!見直すべき点を徹底解剖!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!
就活の面接はたいていの人は緊張するし失敗続きなんて人もいるんじゃないでしょうか‥。

落ち込むのはまだ早い!
今回は就職面接の失敗する理由と見直すべき点を徹底解剖しちゃいますよ!

面接で服がヨレヨレ‥

髪がボサボサで、第1ボタンが開いていて肌着が見えているといくら中身を見てほしいと言っても、面接では残念だからかなり外見も見られています‥。

営業職だったらもってのほか!
髪はボサボサ、服はヨレヨレで営業先に行ったら門前払いになることもあります。

面接の前にトイレに行って、リフレッシュしながら身だしなみを整えましょう!
面接で服装と表情は大事な第一印象です。
自分の容姿は変えることができないんで、自分で整えれる服装や身だしなみはとても重要です!

緊張して上手に話せない・飛んじゃった‥

緊張は和らげられます!
ゆっくりと動いたり、話したりするのは、気持ちを落ち着ける効果があります。
正直に面接担当者に緊張していることを伝えてもいいと思います。

話が飛んでしまう場合は、話したいことのポイントを小さめなメモにまとめておいて、それを見ながら話してみてもいいでしょう!
そのときは「メモを見ながら話していいですか?」と聞きましょう。
メモを見ながら話すのは問題ないと判断する会社も多いです。

でもメモを見過ぎるのには気を付けましょう!
面接官との会話のキャッチボールの場であることを意識しましょう!

面接の意図がわかってない‥

面接で「自分が成長できる場だから」「自分の夢の実現のため」と答える人が多いと思います。
それも大切なんですが、会社は社員の成長のためだけにあるわけじゃありません。
大事なのは会社の利益にどれだけ貢献できるかどうか!
会社の成長や利益向上のために、自分がどれだけ力を発揮できるかです。

それを見るために、担当者は「なぜこの業界を志望したか?」「その中で当社を志望するのはなぜか?」などいろいろな質問をしてきます‥。
それで入社後も成長してくれる人材なのか、会社の利益に貢献してくれる存在なのか、メンバーと一緒に目標に取り組めるかを見ています。

これらの質問にバッチリ答えるためには、会社や業界のこと、業務内容を事前に把握しておいて、自分を採用するとどんな風に会社の利益に繋がるかアピールしましょう!

嘘が言えない‥

就職面接、とくに最終面接で必ずと言っていいほど、言う機会がある「御社が第一志望です」
マジメな学生には受けた会社全てに「御社が第一志望です」と言うことにストレスを感じてしまうかも‥。

でも仕事をする上では自分の本心ではなくても、相手のために言わなければいけないときがあります!
「御社が第一志望です」と胸を張って言うのは、社会人を目指す就活生にとって、最初に訪れる難関かもしれません。

丸暗記の原稿でのぞんだ‥

マジメな人ほど面接の対策をしっかりとしすぎて最初の頃の面接でよくやらかしてしまいます‥。
電車や面接会場の控え室で丸暗記しちゃうと、どもったり噛んだりしてしまって悪い印象を与えてしまいます。

要点だけを暗記するようにしましょう!
箇条書きでメモをしておいてもいいかもしれません。

基本的なマナー違反‥

当たり前のことですが、携帯電話やスマートホンの電源はあらかじめ切っておきましょう!
もしも鳴ってしまったら、ちゃんとお詫びしましょう。

そして、無断で遅刻するのもありえません!必ず事前に連絡しましょう!
遅刻することがわかった時点で、早めに連絡をすれば遅刻をノーカウントにしてくれる場合もあります!

遅刻の連絡をする場合は、5分ほど遅刻するなら10分ほど遅れますと、到着までの所要時間を多めに伝えるようにしましょう。

逆に30分以上前に面接会場に入るのは担当者の迷惑になるのでやめておきましょう。
近くで時間を潰すなり、受け付けをしないでロビーで待つなどして、5分前に受け付けをしましょう!

まとめ

事前の準備や心がけで回避できたり、もし上手くいかなかったとしてもひとまず忘れて、次の面接に向けて反省点を見つけて集中しましょう!

失敗した‥と思っても意外と通過している場合もあります!
面接は受け答え、印象、提出したエントリーシートを総合的に判断します。

失敗しても負けずに挑戦し続けてください!!