BLOG

就活に役立つブログ

2019.01.10

就活ルールが廃止!そもそも就活ルールって?就活生への影響は?

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!
2018年の10月9日に決定した就活ルールの廃止。

「それで就活はどう変わるの?」

「そもそも就活ルールってなに?」

今回は就活ルールの廃止で何が変わるのか、学生たちにどんな影響があるのかわかりやすく解説していきますよ!

そもそも就活ルールって?

就活ルールとは経団連が企業の採用活動に関して定めたルールです。
3月から会社説明会、6月から選考、10月に内定の通知といったようにスケジュールが決められていて、経団連に加盟する約1600の企業に守るように言ってますが、守らなくても罰則はありません。

でも、最近では経団連に加盟してないベンチャー企業や外資系企業などはこういった就活ルールに縛られることなく、早めに内定を出していたり‥。

就活ルールが作られた目的はズバリ、学生が学業に専念する時間を確保すること!
学年に関わらず就職活動ができるようになってしまうと、学校での勉強が手につかなくなってしまうのが心配されてました‥。

実際に、大学に入った途端に就活を始めてしまうと、大学が勉強する場じゃなくて就職活動をするためだけの場所になってしまいますからね!

就職ルール廃止ってどう変わるの?

とはいったものの、2021年の新卒採用から就活ルールが廃止されることになって、実際にはどんな風に変わっていくのかイマイチピンとこないんで説明していきます!

就活が早まる?!

まずは就職活動の時期が早まることが考えられます!
今のルールでは企業の会社説明会は4年の3月から、選考は6月からだと決められていました。
でも2021年に入社する学生たちの就職活動からは、このような採用時期のルールがなくなるので、優秀な学生を企業が激しく取り合うのが予想されます!

新しい就活イベントが催されるかも?!

就活生だけじゃなく、就活ルールが変わることで当然企業にも大きな影響があると思います!
大手企業では夏休みや冬休みに短期のインターンシップをやるときは「このインターンシップは採用には関係ありません」と伝えておかなければなりませんでした。

しかし、2021年に卒業する就活生には伝えなくてよくなったり、また違った採用に関系するイベントを開催することができるようになります!

なので、今の会社説明会や短期のインターンシップがこれからも続けられるのか、それともこれまでと全く違ったプログラムが作られるのかが注目です!

就活生への影響は?

このような就活ルールの廃止で考えられる就活をする学生たちへの影響を見ていきましょう!

1年生で内定GET?!

これまでは3年生の冬ぐらいから就活を始めるのが普通でしたが、ルール上は1年生のうちからでも内定がもらえるということなので、就職時期という考えそのものがなくなります!

もちろんみんながみんな1年生で内定がもらえるとは限りませんが、入学して早々に内定をもらっている人が出てきたり、逆に大学に通ってる間ずっと就活をする人がいるかもしれません‥。

就活ルール廃止で考えられるメリット・デメリット!

メリット
早く就活を終わらせられる!
早く動ける方が嬉しい!
早く内定をもらって学生生活が漫喫できる!

デメリット
勉強に専念したい!
内定がもらえないと学生生活の時間が減る!
就活のために大学に行く人が増えそう!

やはり一長一短かもしれませんね‥。
デメリットが少なくなるような仕組みや制度ができれば良いですね!

まとめ

2021年以降に卒業見込みの人お子さんをお持ちの方は、就活ルール廃止で変わるスケジュールをしっかり把握しておきましょう!
これから就活をする人たちにとって、良い制度になってほしいものですね!