BLOG

就活に役立つブログ

面接時の尊敬語と謙譲語と丁寧語の違い

敬語は最低限のビジネスマナー。
アルバイトなどで間違った敬語とは知らずに使っている学生も多くいます。
企業説明会や面接で正しい言葉遣いができるようにしましょう。

敬語の基本

敬語とは

敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」と大きく分けて3種類あります。

尊敬語

目上の人に対して、相手を敬うときに使う言葉です。

言う・話す おっしゃる
見る    ご覧になる
聞く    お聞きになる
行く・来る いらっしゃる、お見えになる
読む    お読みになる
する    なさる、される

相手が主語となるときの動詞を尊敬語に変えて使うことが多くなります。

例 「人事担当の方が言っていました」 → 「人事担当の方が仰っていました」

謙譲語

目上の人に対して、自分をへりくだって表現するときに使う言葉です。

言う・話す 申し上げる、申す
見る    拝見する
聞く    うかがう、拝聴する
行く・来る   うかがう、参る
読む    拝読する
する    いたす

主語を自分にしたときに同市を謙譲語に変えて使うことが多くなります。

例 「人事担当の方に言いました」 → 「人事担当の方に申しました」

丁寧語

相手に対して丁寧に表現するときに使う言葉です。
ですます調とも言いますが、語尾に「です・ます」と付けるので「ございます」と付ける場合もあります。

言う・話す 言います、話します
見る    見ます
聞く     聞きます
行く・来る 行きます、来ます
読む    読みます
する    します

クッション言葉

クッション言葉とは言葉の前に添えることで依頼、拒否したいときに直接的な表現を避けることができて、へりくだったより丁寧な言い方ができます。

依頼するとき

資料をもらいたいとき、面接日の変更の依頼など、こちらからお願いして相手に何かしてもらう時に使用します。

恐れ入りますが
恐縮ですが
よろしけれえば
差し支えなければ
申し訳ございませんが
ご面倒をおかけいたしますが
ご迷惑をおかけいたしますが

など

断るとき

内定を辞退するときなど、相手に対して断るときに使用します。

あいにく
恐縮ですが
残念ですが
せっかくですが
申し訳ございませんが

など

気をつけたい間違った敬語

「了解しました」「参考になりました」は間違い

丁寧語は何でも「です」や「ます」を付ければいいという訳ではありません。
相手の地位や立場と自分との関係が大切です。
「了解しました」や「ご苦労様でした」は同じか下の立場の人に対して使う言葉で、目上の人に使うと失礼に当たります。
「承知いたしました(かしこまりました)」「お疲れさまでした」が正しい使い方です。

「課長様」「社長様」は間違い

役職に敬称をつけて「〇〇課長殿」「〇〇社長様」なども間違えた敬語です。
「〇〇部長」や「〇〇社長」という呼び方は、敬称意味を含んでいます、単に役職を示しているだけではありません。

インターンをする予定のある人は「人事部の〇〇課長様はいらっしゃいますか?」ではなく「人事部課長の〇〇様」と呼ぶことも覚えておきましょう。
、あた、自社の人間のことを話す際は「〇〇課長は席を外しております。」と言わずに「〇〇は」と呼び捨てにしましょう。
これは、社外の人の立場が自社の立場よりも上という考えからです。

「拝見いたしました」「お越しになられる」は間違い

「拝見いたしました」は「見る」の謙譲語の「拝見する」と、「する」の謙譲語である「いたす」を並べた、一つの言葉に2回重ねた二重敬語になってしまっています。
この場合は「拝見しました」が適切です。

また、「お越しになられる」は「お越しになる」または「お見えになる」が正しいです。

まとめ

正しい敬語はビジネスマナーの基本、就職活動においても同じことが言えます。
間違った敬語は、それだけで企業の印象が悪くなってしまうことがあります。
良い印象を持ってもらうために、正しい敬語を使えるようにしておきましょう。