BLOG

就活に役立つブログ

採用試験でも取り入れられている「イニシアチブゲーム」も!ビジネス用語「イニシアチブ」を徹底解説!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

「イニシアチブ」はスポーツやゲームの駆け引きのシーンでも使われますね。

そして「イニシアチブ」はビジネスシーンでもよく使われるビジネス用語のひとつです!

「イニシアチブ」はビジネスシーンではどんな意味で、どのように使われるのでしょうか?

イニシアチブとは?

「イニシアチブ」
英語:initiative
意味:「主導権や率先して物事をある方向へ導く力」「戦略」

 

「イニシアチブ」の意味は「主導権を持つ」!

英語の「initiative」が元になった「イニシアチブ」

「主導権や率先して物事をある方向へ導く力」という意味です。

「イニシアチブを握る」

もともとは「権力」や「力関係」をあらわす言葉ではありませんが「主導権を握る」という意味から「上の立場」「主導して決断する」という力関係に関わる言葉として使われるようにもなりました。

「イニシアチブを握る」はビジネスシーンでよく使われますが、「主導権を握る、率先して行動する」という意味です!

「イニシアチブ」と「イニシアティブ」は同じ!

発音が「イニシアチブ」「イニシアティブ」がありますが、どっちも正解です。

人によって読み方が違うだけで、ビジネスシーンではどっちを使ってもオッケーです!

シーン別の「イニシアチブ」!

「イニシアチブ」はビジネスシーン以外でも使われます。

シーンによって「イニシアチブ」の意味やニュアンスが違うので、正しく覚えておきましょう!

ビジネスシーンでの「イニシアチブ」!

ビジネスシーンで使われるときは「主導権」「先導すること」という意味で使われます!

「イニシアチブを握る」「イニシアチブを発揮する」などのように使われますね。

「事業の改善や推進していくべき構想」を意味する主導権以外の使い方として用いられることもあります!

政治での「イニシアチブ」!

「イニシアチブ」は政治では「国民発案」という意味になります!

一定数の有権者で法律案や憲法改正案を提出できる制度を「国民発案」と言います。

議会の審議をはさむ「関節発案」と直に国民投票をする「直接発案」が「国民発案」にはありますが、日本では国政レベルの「国民発案」は認められていません。

「日本人はイニシアチブを持っていない」ということになります。

国民投票を意味する「レファンダム」という言葉が、政治では「イニシアチブ」と一緒に使われるケースが多いので覚えておきましょう!

スポーツでの「イニシアチブ」!

「試合を有利に進めること」という意味でスポーツでは「イニシアチブ」が使われます。

「相手チームに試合後半からイニシアチブを取られてしまった」という場合は、「不利に試合が進む」ということです!

採用試験などで行われる「イニシアチブゲーム」!

「グループで解決手段を見つけるためのスキルを学ぶ活動」のことを、「イニシアチブゲーム」と言います。

どんなゲーム?

「イニシアチブゲーム」の狙いは、参加者それぞれのスキルを駆使して課題を解決することです。

それによって、グループの協調性や信頼感を生み出し、社会性やリーダーシップを育てることができます!

「イニシアチブゲーム」は課題解決の方法に正解・不正解はありません。

「イニシアチブゲーム」のルール!

グループに別れて課題の解決についてメンバー全員でブレインストーミングします。

解決策を実行→うまくいかなければメンバーと話し合い、トライアンドエラーを繰り返します!

課題解決した後も、成功した理由や他の方法の可能性も振り返ります。

ブレインストーミング
集団でアイデアを出し合うこと。
日本では「ブレスト」と略すことも。

 

まとめ

採用試験でも取り入れられている「イニシアチブゲーム」も!ビジネス用語「イニシアチブ」を徹底解説!いかがだったでしょうか?

シーンや立場によって「イニシアチブ」の意味は変わってきます。

カタカナ語として日本で使われている意味と、英語本来の意味は違うので注意です!

英語の方は「自発的な行動」が含まれているので、覚えておきましょう。

そうすれば社会に出てからも、社会人として成長することができますよ!