BLOG

就活に役立つブログ

2019.10.09

「コンテクストが見えにくいです」ビジネス用語「コンテクスト」徹底解説!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!

「コンテクストが見えにくいです」

聞いたことがある人も、初めて聞いたという人もいると思うビジネス用語「コンテクスト」

今回は「コンテクスト」について説明していきますよ!

コンテクストとは?

「コンテクスト」
英語:context
意味:文脈・前後関係・脈略・状況・環境

 
「コンテクスト」は訳すと「文脈」ですが、「前後関係」「脈略」「状況」「環境」と訳したほうがわかりやすいです。

「コンテクストを理解しなければ、英語を覚えても会話ができない。」

などと使います!

ビジネスシーンでも同じ意味で使われることもありますが、別の言葉と組み合わせて違う意味で使われることもあります。

コンテクストを使った言葉!

ハイコンテクスト

「ハイコンテクスト」は文脈や背景などからお互いに意図を察し合て、なんとなく通じてしまう環境や状況のこと。

また、日本・韓国・中国・アラブ圏・フランスなどの民族性、経済力、文化度が近い人が集まってる状態。

ローコンテクスト

「ローコンテクスト」「誰でもすぐわかる言葉」、言葉そのものの意味を重視する姿勢です!

コンテクストマーケティング

ユーザーの状況や背景や気持ちを把握して、ベストなタイミングで商品やサービスを提供する方法です!

履歴や検索からユーザーの興味がありそうな商品を提案するAmazonもコンテクストマーケティングをしています。

Googleのアドワーズ広告もさらに位置情報を加えて、ユーザーに合った広告を配信します!

コンテクストメニュー

ウインドウズで右クリックで表示されるメニュー。

Macではcontrolキーを押しながらクリックして表示されるメニューです。

シーンごとの「コンテクスト」の使い方

ビジネスシーンでのコンテクストは、お客に対して積極性が必要となるのでローコンテクスト文化の意味合いが強いと考えましょう。

商品を見ただけで理解してもらえないので、どんなアピールをすればいいかをしっかりと考えることが求められます。

建築

建築は作り手の意図をしっかりと伝えなければなりません。

商品の機能や特徴を説明する、コンテクストが必要です!

デザイナー

デザイナーは見た目の良さだけではなく、機能性に優れている商品が重要です。

デザイナー業界はローコンテクスト文化です、作品の意図を説明すことが求められます!

マネジメント

常にコンテクストを意識しなくてはいけないのが、マネジメント業界です。

海外の顧客や進出を考えているなら、コンテクストを無視することはできません!

メーカーとユーザーのコミュニケーションを円滑に進めるためのマネジメントなら、コンテクストを意識しておくことが必要です!

コンテクストの重要性

「コンテクスト」は文脈や状況という意味ですが、物事への考え方と理解しましょう。

コンテクストが違うとお互いを理解することは難しいです‥。

そこで重要なのがコミュニケーションです!

コミュニケーションを尊重する文化ではコンテクストは重要視されていません。

逆にコンテクストがお互い共通だとコミュニケーションは必要ないと考えられています。

どっちがいいというわけではなく、国際社会ではローコンテクストとコミュニケーション力が必要です!

まとめ

「コンテクストが見えにくいです」ビジネス用語「コンテクスト」徹底解説!いかがだったでしょうか?

人との良好なコミュニケーションを築くのには、コンテクストを知ることが重要です。

コンテクストは様々な形での受け入れる姿勢です。

皆さんもぜひ、コンテクストの概念を取り入れてみましょう!

そうすれば人間関係に変化が起きて、就活や社会に出てからもきっと役に立つはずですよ!