BLOG

就活に役立つブログ

企業は学生ではなくビジネスパーソンを求めている!ニュースを見る習慣をつけよう!

こんにちは!就職支援サイト「キャリアの実」の編集担当です!
皆さんはニュースは見ていますか?
面接で「気になるニュースは?」の質問の対策のためだけではありません。

今のニュースに興味を持たなければ、最新の経済や企業の動向もわかりません。
つまり、業種研究も会社研究もできていないことになってしまいます‥。
今回はニュースを見る習慣の重要性を説明していきますよ!

最低限のニュースチェックを!

会社が採用したいのは「学生」ではありません。
採用したいのはビジネスマンとしての意識を持った人です!

「今日のニュースで関心を持ったことは?」という質問が面接の定番になっているのは、社会人の一日は朝の新聞・ニュースチェックから始まるからです。

ニュースチェックの習慣を身につけて、面接でボロが出ないようにしましょう!

世の中の「今」に敏感になろう!

たとえ世界最大の企業であっても、過去の成功にあぐらをかいて、世の中の動向を先読みする努力を怠れば、倒産してしまうのは歴史が証明しています‥。

世の中の動向を先読みするためには、毎日のニュースを読み解いて、世の中の動きに常に敏感にならなければいけません。

この考えはビジネスマンにも言えることです。
世の中の「今」に敏感な人間になりましょう!

経済理解を進めよう!

「消費」「所得」「物価」「経済成長」「日本企業の競争力」「生産性」「収益性」などのキーワードを意識して、ニュースチェックを始めてみましょう!
ゼロの状態から経済理解を進めるのなら、内閣府のホームページの「白書」→「経済白書」の内容が役に立ちます。
見やすい内容で、3分もあれば経済の現状がわかるはずです!

新聞は目にするだけでも効果アリ!

新聞記事やネットニュースの大きな見出し部分を見ただけでも、大体どんなニュースかが想像できませんか?
新聞やネットのニュースはしっかり読み込まなくても、ざっと目を通すだけでも意味があります!
新聞やネットニュースを毎日ざっとでも見る習慣をつけましょう!

後で載せる「答えを考えておきたい時事関連の質問例」を見てもわかるように、新聞やニュースに触れる習慣があって、自分なりの考えを持つことが、この就活では求められています。
ぜひ、今からでも新聞やニュースを目に通してみましょう!

ニュースをチェックしてる人の志望動機例

(例)「私は御社の今後の課題は先進的企業として世界を引っ張ることだと考えます。経済発展の進むBRICsは、今後さらに大きな市場になると考えます。従って、それらの国々での事業拡大は必須だと考えます‥」

【BRICs】ブリックス
ブラジル(Brazill)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の頭文字を取ったもので、次の経済の要所となる有力新興国のこと。現在、企業の成長戦略において、BRICsをターゲット、拠点とする動きは欠かせなくなっている。

 

ほんの一言二言ですが、このニュースから引用したキーワードがあるかないかで、面接官はこういう細かい部分にも注目しているので大きく違ってきます!

面接で聞かれるであろう時事関連の質問例

質問に単に良い・悪い・賛成・反対を回答するだけではなくて、理由も答えましょう。
質問例を見てもわかるように、社会人でも答えるのが難しい質問も多いです‥。
新聞やニュースだけではなく、社説や論説も読んでおくのも大事です!

・働き方改革関連法案についてどう思うか
・消費税率10%変更に伴ってこれからこの業界への影響は?
・年金の是非
・原発再稼働についてどう考えるか
・人口減少に歯止めをかけるにはどうしたらいいか
・日本の強み
・企業のモラルとは
・外国人と一緒に働くために必要なこと

 

まとめ

「企業は学生ではなくビジネスパーソンを求めている!ニュースを見る習慣をつけよう!」いかがだったでしょうか?

企業は学生ではなく、大人・社会人・ビジネスパーソンという意識を持った人材を求めています。

そのためにも、最新の経済や企業の動向をわかっておきましょう!
ネットや新聞の大きな見出しを見るところからでもいいので習慣化しよう!

もしも海外でのビジネスに興味があるのならば、目指す国の代表的な企業名ぐらいはチェックしておきましょうね!